ダコタハウス ビルディングサーチ
登録

募集してもなかなかテナントが
決まらない場合は理由があります
■市場の変化
貸し手市場から借り手市場(条件は借主が決める)への変化。

■立地条件の変化


オフィスゾーンから商業ゾーンへの変化。
無理にオフィスのテナントを募集しないでビルの設備(給排水・電気)を変更し商業テナントを入れる。

■賃料・保証金の検討


土地(時価)及び建物(償却後)価格を算出し、利回りで7%程度を目安。

■テナントニーズ


新宿のテナントの特徴は、情報通信・人材派遣・健康産業等の新しい会社が多い。

■ニーズのあるビルの
 特徴


外観デザイン
エントランスのグレード
24時間使用、日・祝日使用可
室内
床(タイルカーペット)
エアコン(天井埋込個別空調)
トイレ(洋式、20坪以上は男女別)
電気容量
電話回線(2坪当たり1本以上)
光ファイバー

以上の内容を改善しテナントニーズに合わせることが必要かと思われます。

貸ビル業の特徴 貸ビルは装置産業です
 テナントは平均36ヶ月程度で退出していきます。36ヶ月のために何ヶ月も空けていては意味がありません。
賃料と稼働率との両方のバランスが大切です。
古くなったビルはテナントニーズに合わせるための追加投資も必要です。

ご相談下さい、お手伝いします
テナント募集を計画されている方はご連絡ください。お手伝いいたします。
ダコタハウス
shinjuku@dakota.co.jp
ダコタハウスTOPへ
ダコタハウスTOPへ


このホームページに掲載している記事、写真、動画等あらゆる素材の無断複写、転載を禁じます。

Copyright 1999 dakota-house , Inc.
Updated , 1999

Designed by Aaron-Japan Co.,Ltd.